年をとると起こる病気

人間は、年を重ねていくと体に変化が出てきてしまいます。
運動機能も低下していってしまい、また体内で生成されるべき成分なども減少していきます。
老化が影響を及ぼし、さまざまな症状を引き起こしてしまう可能性があるので、普段から健康に気を使っていく必要があるでしょう。
健康的な体に近づいていく為には、適度な運動と栄養バランスを考えた食生活などが深く関わっていきます。
しかし場合によっては体に症状として表れる場合もあります。
現在、多くの人が悩んでいる日常的な症状のひとつに「腰痛」があります。
多くの日本人が腰痛に悩まされていると言われており、いろいろな方法でケアや治療を行っていることでしょう。
腰痛を引き起こす原因もさまざまありますが、加齢によって引き起こされやすい病気があるのです。
その病気が「腰部脊柱管狭窄症」というものです。

この病気は、椎間板が変形したり背骨が突出してしまって神経を圧迫したりすると起こる症状になります。
主に足に痺れや痛みを引き起こし、痛みが継続してしまうと歩きにくくなってしまうことが特徴です。
間欠跛行と呼ばれ、ある程度歩いては一度休息をとり症状を和らげていき、そしてもう一度歩き始めていく、といった歩くことと休息の反復になってしまうのが特徴です。
横になって安静していたり、休息したりしていれば全く痛みはありませんが、長時間の歩行が耐えられなくなってしまうのです。
症状が酷くなってしまうと下半身の運動機能を更に低下させてしまい、尿や排泄に支障が出てきてしまうのです。

腰部脊柱管狭窄症とされる原因は神経の狭窄が原因になります。
歪んだ椎間板や腰骨が原因で神経が通っている脊柱管と呼ばれるところを圧迫し、道を塞いでしまっているのです。
その結果、神経がダメージを受けていき痛みとして出てきてしまうのです。
中高年に多く見られる症状ですが、前にかがむ動作などを連続的に行うことによって発生しやすいです。逆に、腰をうしろに仰け反ったり横になったりすると痛みは一切発生しないので放置している人が多くいるのです。
症状が酷くなると更に歩きにくくなってしまうので早いうちに症状は改善した方が良いのです。

腰部脊柱管狭窄症を治療していくには、整形外科にて診療してもらうことが一番でしょう。
整形外科はお客さまの症状に合わせて治療法を提案してくれるので、症状を改善していくことが可能なのです。
主な治療方法としては、腰骨を矯正していくリハビリテーションなどがあります。
他にも、専用のコルセットを巻いて腰骨の状態を整えていったり、症状の具合を確認しながら神経の血行を良くする薬で治療したりするのが基本です。
症状をしっかりと治していくことが出来るので、腰の痛みに悩んでいるひとは整形外科に相談をしてみるのも良いでしょう。

痛みを伴う原因

腰部脊柱管狭窄症を引き起こしてしまうにはさまざまな原因が考えられます。加齢によるものもあれば負荷のかかる運動や労働を続けていた人にも症状として出てきてしまう場合があるのです。

Read more

未然に防ぐには

腰部脊柱管狭窄症を未然に防ぐには、普段からきれいな姿勢を保っていくことが重要になります。腰痛の改善と運動を取り入れる為にも自転車を利用していくと良いと言われています。

Read more

酷い症状には

腰部脊柱管狭窄症は椎間板や腰骨が変形している状態になっているので、場合によっては神経を圧迫して痛みを伴う可能性も出てきます。間欠跛行になってしまい、ひどい場合は歩くことも困難になってしまうのです。

Read more

治療していくには

整形外科では腰部脊柱管狭窄症を改善出来るよう適切な処置を施してくれます。腰の症状を改善していくためにリハビリテーションを行ったり矯正していくためにコルセットを装着したりしていくと緩和されていきます。

Read more